利用者のニーズ

年間の、パソコンの販売台数が、スマホの販売台数を下回ったそうです。もちろん、これまでの普及台数を考えれば、まだまだパソコンの数のほうが多いのでしょうが、それでもこの先、何年かすれば、それも逆転するかも知れませんね。手のひらに収まるサイズのスマホが、これからは情報化社会の中枢を担っていくことになりそうです。

そこで、インターネットサイトも、変化するプラットフォームに合わせて進化することを求められています。スマホでは、パソコン用のサイトを見ることも可能ですが、やはりスマホ用にレイアウトやサイズ調整が施されたサイトのほうが見やすく、好まれている傾向にあるそうです。
特に利用者数の増減が、そのまま収益の増減につながる可能性のあるECサイト構築は、今後はスマホを中心として考えられていくことになるでしょう。そして、これからビジネスとして、ECサイトを用意していきたいと考えるのであれば、やはりプラットフォームは意識しなければいけません。

ECサイト構築における鉄則は、利用者のニーズを読み込むことです。どれほど優れたECサイト構築を行っていても、それが利用者の利用状況にそぐわないものであれば、利用されることはありません。利用者が喜ぶ、利用者が使いやすいと思う、利用者のためのECサイト構築。それはこれまでも、そしてこれからも、必要不可欠な意識となっていくでしょう。

ECサイト構築を考える上で、そこで扱う商品が、どのように利用者の手元に届くのか。その経路こそ、重点的に考えていかなければなりません。便利に利用できるECサイト構築を行うのであれば、専門的な知識や技術を備えた、優秀な業者の手を借りることにもなるでしょう。

スマホを使いこなすなら|ユナイテッド株式会社

Comments are closed.